2006/10/19

気が抜けている

実家に戻ることで一番怖いのが気が抜けること。
お仕事モードになれません。
というわけで午前1時、今日はようやくこれから頑張るところです。

ところで昨日、NTT西日本の光プレミアムという接続サービスが実家で開通しました。
販売店の店員さんにお任せして契約を行ったのですが、それでは@ニフティフォンを使った050番号のIP電話が使えないことが判明してしまいました。IP電話も使うぞと念を押したはずなのに。

さらに月額300円でVoIPアダプタをレンタルする必要があるのですが、これをレンタルすると2万円はたいたルーターが無用の長物と化してしまって非常に腹立たしい。
でも050番号は安く電話をかけて貰うために是非とも欲しいのです。

NTT西日本の光プレミアムはNTT東日本のBフレッツサービスと異なり、IPv6で接続されているんだそうです。IPSecで通信の暗号化までされているそうなので、フルスペックのIPv6プロトコルといえます。
でもこのせいで暗号化をこなすCTUという装置が1箱必要になってしまいます。
だから電話機周りはごちゃごちゃです。

ONU->CTU-+->光電話アダプタ->電話
                 +->無線LANルータ->パソコン

現在この状態で、電話機の周りに4つも機械が転がっています。
IP電話も使うと5箱になるか、無線LANルーターをお蔵入りさせるかという選択を迫られます。

ちなみにNTT東日本だと少なくともCTUは省けますし、VoIPと無線LANとルーターが1台の機器で済ませられる機械を借りることができました。

電話周りはごちゃごちゃだし、出費はかさむし、一体どう収拾をつけましょうか??

さらに費用がかかりますが、プラネックスの通話王というVoIP機能付きルーターが魅力的に見えます。
http://bb.watch.impress.co.jp/cda/shimizu/15196.html
これなら無線LANのクライアントだと自己暗示をかければ腹立たしさも半分にできそうです。
ただ、@niftyフォンとの組み合わせ事例が全く見あたらないのが二の足を踏むところです。

成功したらフリーのPBXソフトasteriskも組み合わせて構築サービスを売って歩こうか?

0 件のコメント: