スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

2012の投稿を表示しています

鎖樋はお勧め

雨樋の雨水を地上に導く縦樋の部分が壊れて、それを修理するためにいろいろ調べていたのですが、金属製の鎖樋っていうのが趣がありつつも設置が簡単で、しかもそこそこ安価でかなり良さそうです。竪樋を修理する必要のある人、玄関にぶら下がる55mmの塩ビパイプが気に入らないという人は金属製の鎖樋を考慮に入れてみることをおすすめします。
うちは結局55mmの塩ビパイプを切って、つないで3,000円ほどで済ませてしまったのですけれど、調べていた鎖樋も良かったように思えてならないのでメモがわりにブログに書いておきます。
鎖樋というのは雨水を屋根から地表に下ろす際、鎖を伝わせることで流すもので、お寺の本堂の軒下にぶら下がっているのをよく見かけます。お寺で見るものは竹の節のような装飾の付いた鎖になっていることが多いようです。鎖樋を伝って流れる水を眺めることが出来るのは結構いいものですし、冬にはそれを伝う雪解け水が凍って氷柱を作るのもきれいです。
家庭用としてもパナソニック電工などが売っている塩ビの化粧くさりはよく見かけます。これでも悪くないのですが、プラスティッキーな質感が少し残念なところです。ホームセンターで売っているのを見つけて、これならぶら下げるだけで簡単に施工できるぞと思って購入を検討していたのですけれど、お値段が3mで12,500円とそんなに安くないことで二の足を踏んでしまいました。これに上部を固定するパーツと下に付けるおもりも合わせると計15,000円ほどになります。
もうちょっといいのがないかと検索していて見つけたのが瀬尾製作所のサイト。お値段は、
チューリップ型 23,625円 /2.675m, 銅、ステンレス製, 吊金具付き
リング型 26,082円 /2.7m, 真鍮製, 吊り金具付き
と塩ビの鎖樋の2倍もしません。
もし業者さんに修理を頼んだら塩ビ製でもこれくらい取られるだろうことを考えるとリーズナブルな気がします。結局自分は55mmの塩ビパイプを糸ノコで切ってつないで3000円、という方法を選んでしまいましたけれど。

この写真は小杉文化ホール・ラポールのエントランスにある鎖樋です。おそらく瀬尾製作所の26,082円の商品なのだと思います。氷が大量すぎるせいか写真ではあんまり綺麗に見えませんが。実物は魅力的に見えたんですけれどね。


このサイトで買えるようです�…

HDMIケーブルを交換した

パソコンからテレビ(東芝のレグザ)への出力が表示されたりされなかったりして不安定なまま使っていたのだけれど、HDMIケーブルを新しいものと交換したらすんなりと、なんの問題もなく表示されるようになってしまいました。
今まではPC付属のHDMIケーブルを使っていて、それが時々何かの拍子で映らなくなったり、1366×768が選択できなくなったりしていたのだけど、ドライバの問題か設定の問題なんじゃないかと疑ってそのまま使ってました。大抵は表示できるし、ウェブにはレグザへの出力に関するトラブルシューティング事例があったし、ドライバを再インストールすることでしばらく安定して使えるようになったりしてたから、なんとなくソフト側を疑ってしまいました。
近所の家電量販店でHDMI ケーブルを買うと最低でも2000円することも、ケーブルを疑ってとりあえず試してみようという気にならなくさせていたのかもしれません。Amazonで安かったので試してみる気になったのだけど、今回はそれであっけなく問題は片付いてしまいました。




すんなりとケーブルを疑っておけばよかった。
一応買う前にテスターで通電チェックはしてみました。HDMIのケーブル規格は導体抵抗が5Ω以下、絶縁抵抗が200MΩ以上らしいのですが、ピンが小さくてプローブを当てるのがすごく難しい。全ピン通電していることは確認できたのだけれど抵抗値を読むことや絶縁までチェックすることはできませんでした。電気屋さんに専用のケーブルテスターがあってチェックしてくれるなら2000円のケーブルでも高いと思わず買うのにと思ってしまったけれど、ケーブルの種類も多いから難しい話なんでしょうね。自分なら置けない。

CSKAモスクワからラツィオへの本田圭佑選手の移籍問題は2日以内に決着 - イタルタス通信

CSKAモスクワに所属する本田選手の移籍の話題が面白そうだったのでロシアのイタルタス通信のサイトから訳してみた。訳にはかなり自信がない。


CSKAモスクワからラツィオへの本田圭佑選手の移籍問題は2日以内に決着

ローマ、1月25日。イタル・タス。CSKAモスクワに所属する日本のサッカー選手、本田圭佑のイタリアのラツィオへの移籍交渉がまとまりつつある。 モスクワのエフゲニー・ジナー会長によると、この問題の最終的な決着はこの二日以内につくという。

イタリアの新聞Иль Месседжероの報道によると、ラツィオはこの日本人選手に1300万〜1400万ユーロを支払う準備ができています。ユニークな条件としてラツィオからCSKAへアルゼンチン人ゴールキーパーファン・パブロ・カリーソの所有権を交換する機会も付きます。

"我々はラツィオとの交渉で妥協点を見つけようとしている。我々は取引の合意に近づいており、その問題は次の二つの日以内に解決されると思う。"とジナー会長は言います。

ラツィオに譲渡を提案された2人のプレーヤーのうちCSKAはナイジェリア人のフォワード、スティーブン・マキンワはやめて、ゴールキーパーのカリーソを選びました。 モスクワの正ゴールキーパー、イゴール・アキンフェエフが負傷によって2ヶ月出場できないこともあり、カリーソの無償取得は好都合です。 エージェントによるとカリーソは交渉参加し、 カリーソ自身もモスクワに移動することに合意しているといいます。 


http://www.itar-tass.com/c20/324981.html

あまりに久しぶりのロシア語で訳にすごく時間がかかったわりには驚くようなことは書いてなかったのが残念。イタルタス通信っていうのがメジャー処すぎたような気がする。